熊本のまちを美しく。

ここ数年は、特に住宅づくりに力を入れております。つくらせていただけばいただくほど、
責任の重さを感じます。それは大切な財産をお預かりすることと、
他の建物にないプライベートでデリケートな問題をお客さまと一緒に解決していかなければならないことです。
そして完成後お引き渡ししてから、ご家族とともにお住まいを守り続けていく役目があるからです。

家をご計画される方に大切にしていただきたいことのひとつに、
家づくりはそのまちの環境づくりでもあるということです。
「心地いい空間」はもちろん、住む方々のものですが、そこを通る人たちの「心地いい環境」でもあるわけです。
その連鎖が、熊本のまちを美しくしていくと思います。

私の好きな言葉に、「ものが人と自然の作用により美しく古びる」があります。
そういえば子供の頃、完成を見届けた納骨堂も自然と一体となって、今も故郷の地に美しく佇んでいます。

時間とともに美しくなっていくデザイン・素材・建築・環境を、熊本のまちに溢れさせていくこと、
そしてお客様のご意向を汲む建築デザイナーが自由に伸び伸びと仕事をし、
それをしっかりと支えていく施工監理力のあるスタッフの集団になっていくことが、私の生涯の目標です。
とりとめのない話に最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

「上質で心地いい空間」「上質で心地いい景観」をお考えの皆様方との出会いを心よりお待ち致しております。

image008
今でも会いに行くお堂
image009