大江の家180120

三叉路の角に計画する建築は街のランドマークになり得ます。住宅の密集した変形敷地の中で、街の中での建ち方と見られ方、家族の個人的なプライバシーと心地よい開放感をデザインしました。

シンプルであること/閉じすぎないこと/ストレスなく解放できること/内外から四季を感じられること/昼と夜の光が美しいこと/生活が楽に整うこと これらが設計をするときに気を付けたことです。

また、住宅を新築することは、あたりまえですが住処(すみか)をまったく新しくすることになります。しかし、新しい生活もこれまで営み積み上げてきた日常の延長線にあるようにデザインしたいと思っています。

完成して引渡しの日、ここに住む子どもたちがこの新しい家にすぐ馴染んで、ずっと前から住んでいるようにリラックスして遊びだしてくれたことは、環境の変化に敏感な幼少期において理想的な光景でした。

― 大江の家180120 ―
設計監理・施工管理
竣工/2018年1月20日
所在地/熊本市中央区
工事種別/新築
主要用途/住宅専用
構造・構法/木造(軸組在来工法)
基礎/ベタ基礎コンクリート
敷地面積/285.02㎡(86.22坪)
建築面積/150.93㎡(45.66坪)
延床面積/195.48㎡(59.13坪)
1F/100.05㎡(30.27坪)  車庫/25.98㎡(7.86坪)
2F/ 69.45㎡(21.01坪)

― 主な外部仕上げ ―
屋根/ガルバリウム鋼板タテハゼ葺き
外壁/ラスモルタル+薄塗左官仕上/3’10’+弾性リシン
開口部/アルミサッシュ・木製建具 LOW-E 複層ガラス
ポーチ 床/タイル貼  軒天:板貼
断熱材/デコスドライ
バルコニー・デッキ/ 1F:タイル+イタウバt20
           2F:樹脂デッキ板

― 主な内部仕上げ ―
床/ウォールナット複層フローリングt15
壁・天井/壁紙
建具/タモOSCL
造作家具/タモOSCL