建築士の家170526

閑静な住宅街に建つ小さな平屋の住宅です。敷地は、前面道路が近くの公園へと繋がっており、また通学路にもなっていることから人通りは比較的多い場所です。

建物内部は、生活動線が切れないような回遊性があるように、家族が集まる居間や食堂は、いろんな場所から出来るだけ庭が眺められること、そして少しでも町並みに寄与出来るような緑のある場所を作ることができたらという思いから設計を始めました。

南側は、駐車場とできるだけ広くの庭を確保するため、敷地の北側に建物を寄せて配置しました。駐車場と南側の庭を木塀で穏やかに仕切り、目地は生活に支障がない程度に空けて、庭の気配が感じられるようにしました。また植栽によって壁の存在感を和らげるような工夫もしました。

西側には、採光や通風を意識して坪庭を確保しました。屋根は単純な切妻屋根とし、外壁は左官仕上げで少し粗めの仕上げとしました。内部は、出来るだけ天然由来の素材を使うことを心がけ、壁・天井などは、調湿・消臭作用をもつ火山灰を主原料とした左官材を用いました。また殆どの建具は、開け放って使っても建具の存在が気にならぬように引き込み戸としました。

― 建築士の家170526 ―
設計監理・施工管理
竣工/2017年5月26日
所在地/熊本市東区
工事種別/新築
主要用途/専用住宅
構造・構法/木造(軸組在来工法)
基礎/ベタ基礎コンクリート
敷地面積/307.28㎡(92.95坪)
建築面積/123.36 ㎡(37.31坪)
延床面積/105.89㎡(32.03坪)

― 主な外部仕上げ ―
屋根/カラーGLタテハゼ葺き
外壁/無塗装サイディング+弾性リシン吹付、左官仕上げ(波ラスモルタル下地)
開口部/ペアガラス、木製建具、アルミサッシュ
ポーチ  天井/杉板 床/豆砂利洗出し
断熱材  床/A種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種t=50 壁/高性能GW16K(グラスウール) 105mm 屋根裏/A種押出法ポリスチレンフォーム保湿板3種t=50
テラス 天井/杉板 床/コンクリート木ゴテ仕上げ 手摺/ヒバ

― 主な内部仕上げ ―
床/ナラフローリングt=15オイル仕上げ
壁・天井/左官仕上げ、クロス貼り
建具/木製建具、アルミサッシュ
造作家具/タモ集成材、タモフラッシュ、タモ無垢板