たちばな酒店

「まともな酒を、まともに仕入れ、まともに販売する」が信条の地酒店。ファサードイメージは酒蔵。店内はびっしりと地酒が並ぶ。人を大切にする店主の想いを受け止め、大きなレジカウンターを配すると共に、お客様と語らう小さなキッチン付きの空間も用意した。まるで出荷前の酒を寝かせる貯蔵庫のようなウォークイン冷蔵庫は、真心こめて醸された銘酒を、ゆっくりと紹介できる空間。卸も営む店舗だが、卸業務と小売り業務の導線が混在しないよう配慮し、小売りのお客様がじっくりとお酒と店主に向き合えるよう設計を心がけた結果、意匠も商品も店主の人柄もお客様の期待を裏切らない店舗が誕生した。

― たちばな酒店 ―
竣工/2010年10月
所在地/熊本市南区田井島3丁目9−7
工事種別/新築
用途/酒屋