しつらい

しつらい

RSSCR20150623229
家だけでは空っぽでそこで暮らしていくことはできません。家具やインテリアなどがあって、はじめて家は暮らしていける場所になる。してみるならば家はあなたらしい、しつらいをしていくための空間ととえることもできます。だからこそ、家の設計にはあなたらしさを加えるための“余白”が必要です。家は暮らしながら、あなたらしくしていく場所でもあるのですね。